公衆衛生看護学概論
担当責任者:教授 守田 孝恵
講義概要
公衆衛生看護の基本的概念を看護学として概説する。公衆衛生看護学の実践を、地域で生活する人々を対象とした保健師活動事例を豊富に用いて理論と結びつけながら説明する。また、公衆衛生看護の展開の場を、行政、産業保健、学校保健の分野から具体例や視聴覚教材を用いて、それぞれの活動方法論についても具体的に解説する。他領域の看護との関連と融合を見出し、学問として統合する。

講義目標
1.公衆衛生看護の概念を看護学として理解できる。
2.地域を対象とし、公衆衛生学的手法を用いた看護であることの意味を理解できる。
3.地域診断に基づくPDCAを回す保健師活動の展開について学ぶ。
4.住民の主体的な健康づくりについて学ぶ。
5.産業保健について学ぶ。
6.学校保健について学ぶ。
公衆衛生看護活動論
担当責任者:教授 守田 孝恵
講義概要
公衆衛生看護の活動方法について、家庭訪問、健康相談、健康診査、グループ組織育成、連携調整等の側面から解説する。また、「個」から「地域」に広げる保健師活動を理解するために、保健事業を地域診断、PDCAサイクルにそって、企画立案し実施評価の一連のプロセスを演習で体験学習する。

講義目標
1.地域で生活している看護の対象を理解する。
2.地域を対象とした保健活動の展開を理解する。
3.地域保健活動に用いられる基本的な方法論
 (家庭訪問、健康相談、健康診査、グループ組織育成、連携調整)を理解する。
4.地域特性に応じた保健事業展開プロセス(PDCA)を実施できる。
5.保健事業の企画、 実施、 評価の考え方を習得する。
公衆衛生看護学実習
担当責任者:教授 守田 孝恵
実習目的
あらゆる健康レベルにある地域住民の健康づくりとQOLの向上をめざし、地域住民の組織的な努力や関係者・機関との協働を通して、健康課題を解決・改善するために展開される公衆衛生看護活動について考察する。

実習目標
1.公衆衛生看護活動を保健師活動の実際から理解できる。
2.保健所と市町村の役割と機能を考察できる。
3.保健所や市町村で行われている保健事業や疾病対策の実際が理解できる。
4.保健師活動に用いられる公衆衛生看護活動の方法について理解できる。
5.看護学の各分野の理論を統合し公衆衛生看護学の実践が理解できる。
保健福祉行政論
担当責任者:准教授 藤村 一美
講義概要
保健・医療・福祉制度の概要とこれらの根幹をなしている財政とその仕組みについて論じ、 保健医療福祉行政の発展過程、 保健医療福祉の各制度について詳述しながら、 保健師活動と制度の活用を事例的に扱う。保健医療福祉行政の計画の基本的考え方、 計画策定過程、 計画推進と評価等について論及する。

講義目標
1.保健医療福祉行政の歴史的変遷を理解する。
2.保健医療福祉行政の理念と制度・仕組みを理解することができる。
3.地方公共団体の保健医療福祉計画と評価を理解することができる。
保健学
担当責任者:講師 磯村 聰子
講義概要
保健医療に関わる制度や環境が地域で生活する人々の健康や安全に及ぼす影響を説明する。健康・疾病・障害と生活に関連する基礎的な概念の解説を含め、人々の健康の保持・増進のための体系的な方策を公衆衛生学的な視点から教授する。

講義目標
1.世界と日本の健康増進対策の歴史、及び保健対策に関する現状と課題について理解できる。
2.社会環境の変遷に伴う健康課題の変化等をふまえ、人々の健康増進対策と保健対策について考察することができる。
看護学卒業研究
担当責任者:教授 守田 孝恵准教授 藤村 一美
講義概要
看護学の学習を広い視野で統合し問題意識を明確にする。国内外の文献を読み、 その科学的根拠を探求する過程を通して研究目的、 研究方法、 研究上の倫理について理解を深め、 論文を作成する。

講義目標
1.看護学の発展や看護実践における看護研究の必要性が理解できる。
2.既存の研究成果を看護実践や研究に的確に活用できる批判的思考を習得する
  ことができる。
3.広い視野で看護に関連した疑問・研究課題を見出し、 それを解決していくための
  研究プロセスが理解でき、 研究成果を論文としてまとめることができる。

地域保健事業の評価に関する研究や、精神障害者の地域リハビリテーション等、地域保健活動に関連する研究指導を行う。
学生の研究課題を明確にしながら、国内外の文献検討、研究方法の探求、修士論文の作成プロセスを支援する。特に、学生間のディスカッションを重ね、学生の主体的な学習を重視する。発言力やプレゼンテーション能力と共に論理的思考能力を開発しながら、修士論文を完成させる。
地域で生活する人々の健康問題に着目した研究課題の論文指導を行う。精神障害者等障害を持つ人々をはじめ、地域住民の健康レベルとQOLの向上を目的に、地域住民の「生活しやすさ」を求めた地域環境のあり方を追求し、地域住民や行政、地域の関係団体や関連施設の協働による地域保健活動や地域看護学に関する研究プロセスを展開させる。特に、地域保健看護の実践現場である市町村や保健所において行われる地域診断の手法として、地域環境の評価方法や評価指標の開発、及び地域保健、地域看護活動の推進と評価が連動できる地域保健活動の評価方法のモデル開発に取り組むことを重視する。研究結果が地域の健康問題の解決に寄与できる実践研究を、自立して遂行できる研究能力の開発を目指す。
平成22年
越田美穂子:「行政保健師が地域で形成するネットワークの構造と実践技術尺度の開発」
檀原三七子:「保健師活動における地域組織の支援とその分類」

平成23年
山田小織:「地域における住民組織メンバーの活動意欲向上に関する保健師の支援」

平成28年
磯村聰子:「精神障害者が地域で生活し続けるために住民との近隣交流を促進する地域ケア」

平成29年
兼平朋美:「地域精神保健福祉活動における保健師の家庭訪問スキルの構造化と効果的な現任教育」
     

お知らせ
教育
社会貢献
HOME
山口大学大学院 医学系研究科 地域看護学分野【地図】
〒755-8505 山口県宇部市南小串1-1-1
TEL:0836-0836-22-2132 FAX:0836-22-2130
Copyright(c) 山口大学大学院 医学系研究科 地域看護学分野 All Rights Reserved.

PAGE TOP